はじめて学ぶ社会保険労務士

初心者にもわかる社会保険労務士試験ガイド

近年、「社会保険労務士」が注目されはじめてきました。
超高齢化経済への突入に伴い、年金制度の不安、複雑な保障制度。

 

平成元年のあたりでは受験申込数は約2万人でしたが、
平成18年では約6万人の受験生が申込みをしているのです。

 

「士業」関係の資格は人気の高いジャンルですが、
受験生の増加率からも注目の高さが伺えます。
受験資格に制限があり、難易度が高い試験にもかかわらずこの人気です。

 

少し前までは『社会保険労務士試験』というと、世間ではとても地味なイメージだったはずです。
会社の労働保険や社会保険の手続きの事務をやっている人。
またはそれらの書類を代わりに書いてくれる人。

 

ところが最近はメディアに頻繁に登場するようになり世間にも
『社会保険労務士』の士業が認識されてきました。

 

知名度が上がったことで試験を受験してみようと思う方も増加しています。
ちなみに社会保険関係は、労働基準法、厚生年金法、雇用保険法、労災保険法などの
保険の事をいいます。

 

試験勉強を通してこれらの事を中心に学んでいきます。

 

今後も人気は衰えそうもない"社会保険労務士"です。
時代の流れにのった資格といえます。

 

これから勉強される方はぜひ合格を目指して頑張ってください。

 

サイトメニュー

このサイトは元会計事務所職員の管理人tamiが
社労士の「勉強の始め方」「社会保険のハウツー」や仕事内容と年収。
定番のテキストなどをわかりやすく解説しています。

 

通信講座の特徴もわかりやすく比較する、
初学者のための資格試験入門サイトです。

 

社会保険労務士入門

資格や仕事についての簡潔にまとめてみました。
年収についても取り上げています。仕事内容ってご存知です?

 

試験概要/合格率

平成7年度からの合格率も掲載していますので、
試験内容に興味のある方はご覧ください。解答も掲載しているので、
ちょっと勉強してみては?

 

通信講座の比較

各学校のポイントや特徴などをピックアップし、
講座選びに悩んでいる方の参考になるように解説しています。

 

昔とくらべて資格学校も増えてきたので選ぶのに
苦労されている方もいらっしゃると思います。

 

社労士試験対策

勉強のはじめ方から科目別のポイントまで順をおって解説!
勉強につかえるサイトや参考書もコメントをつけながら解説していきます。

 

社会人に役立つちょっとした保険知識

年金や年末調整の事など社会人なら知っておくべき基礎知識です。

社会保険に関するよくある質問/教えて!Goo

JA自動車共済保険の解約返戻金の計算方法と返戻金額について
2016年 08月 23日 12時 17分
自動継続のJA自動車保険を2日で解約したのですが「、組合の定める取り扱いに基づき算出した額」としか答えてくれません。41930円(20等級)で8000円くらいひかれました。解約返戻金の計算方法と返戻金額についてどうか教えてください。

リンク集

はじめて学ぶシリーズ

社会保険労務士って何者?

『社会保険労務士』は「人事労務」と「社会保険」のプロフェッショナルです。

 

ところでどんな仕事をするのかご存知ですか?

 

主に「社会・労働保険の加入手続き」や 「厚生年金の月額算定基礎届け」「月額変更届け」などの手続き業務を幅広く行います。

 

会社でいえば総務の仕事です。

 

もちろん社会保険や労務管理の事務手続きが全てではありません。年金相談やコンサルタント業務、就業規則の作成などを行う社労士もいます。

 

人事労務で問題が起こった場合の就業規則の見直しや、 役員報酬を決める場合も、年金との兼ね合いから一番得をするような提案。社員の退職後の年金を含めたライフプランの相談など活躍の場ははかり知れません。

 

当サイトでは社労士の仕事内容をわかりやすく紹介しています。試験課目の勉強法から資格の活用方法そして開業まで。 各学校の通信講座の特徴などもポイントを比較し、まとめています。

 

「社会保険労務士試験」は難関資格です。複雑な社会保険を8科目も勉強しなければなりません。合格率も例年8%前後となっており難しい試験となっています。

 

それでも頑張って合格すれば念願の社会保険労務士免許を獲得できます。ん?免許?

 

そうです。合格は免許獲得の条件でしかありません。勉強内容と実際の仕事は異なります。社会保険、労務管理に関する手続き書類って見たことありますか?資格取得後に1年でコンサル業務や就業規則を作ってしまう人もいれば、仕事が全然来ない人もいます。

 

開業後は全て営業努力にかかっています。独立を目指して、勉強をはじめようと思っている方は、開業後の計画もたてておく事で、その後の展開も変わります。

 

試験合格後からが本当の勝負! やる気と営業努力です!