No.0:独学で合格を目指す方は必見!

初学者でも半年以内で合格は可能

社会保険労務士試験は短期間で独学で合格するのは無理。

 

と思っている方。

 

確かに社会保険労務士の勉強時間は約1000時間が必要だとよく言われています。
時間に余裕がある方はともかく、社会人が半年間で1000時間の勉強時間を確保するというのは困難です。

 

ただこの1000時間というのは試験範囲を全て網羅して勉強した場合の時間です。

 

無駄を省けば勉強時間をグッと減らせる

 

今や社労士試験における過去問の重要性は常識になっており、
確かに、短期合格を果たす上で過去問を活用することは必須です。

 

しかし、過去10年分の過去問題を10回転して完璧に覚えれば合格突破できるかというと、
やはり過去問だけではどうしても合格ラインには届かず、
過去問にプラスアルファが必要なんです。

 

そこで過去問以外に出題されやすい法改正に関する部分や、
通達の部分を重点に勉強していく事で合格ラインの7割への到達を目指していきます。

 

この勉強法は現役スクール講師の坪義生先生が進めている独学勉強法です。

 

興味のある方はこちらをご覧ください。

 



>>坪義生の社労士試験にゼロから短期一発合格勉強法

 

ノウハウを購入しなくても、このページを読むだけでも参考になる部分が沢山あります。

 

スポンサードリンク


関連ページ

No.1:社会保険労務士試験の受験資格を確認
まずは受験資格をチェック
No.2:勉強に対する意識を改革
地味だけど重要なモチベーション対策
No.3:独学か通信講座か通学か?
どうやって勉強していくか決めよう
No.4:勉強計画をたてる
何ヶ月で合格を目指すか決めよう
No.5:社労士試験に必要な教材
勉強を始めるにあたって必要なもの
No.6:社労士試験のテキストはどんなのがいい?
テキストは先生
No.7:定番の社労士試験テキストを紹介
人気のテキストまとめ
No.8:法改正点は要チェック!
独学でも法改正情報は入手できます
No.9:同じテキストを繰り返し読む
効率のよい勉強法
No.10:テキストを2冊使う方法
同じテキストを2冊使うテクニック
No.11:独学時の疑問点を解決する方法
勉強のはじめ方から科目別のポイントまで順をおって解説!勉強につかえるサイトや参考書もコメントをつけながら解説していきます。
No.12:効果的な復習方法
復習のタイミングを極める